ワンステップ排卵検査薬はコスパと感度の良さで人気です

ネットで買うなら海外製が安くてたくさん使える

排卵検査薬をネットで買うならどれが良いかなと思って調べた結果、価格が安くて感度も良いワンステップ排卵検査薬クリアに決めました。

私は、正規代理店(店名:妊娠お助け隊)から購入してます。

ワンステップ排卵検査薬クリアを選んだ理由の一つはコスパの良さ。

日本で売られている製品と比べて安いだけでなく、セット本数が増える毎に割り引きが適用されます。

しっかり確認する為にも沢山検査したいと思うものですが、こんな時こそ重宝してくれます。

1回使い切りの検査に200円以上かかるのと、100円以下で済むのとでは、気分的にだいぶ違いますから。

そして、決め手は、感度の良さ。

リニューアルして、感度が20mIU/mLと高感度に改良されました。

高感度のメリットは、早い段階でLHサージを察知してくれる事です。

>>ワンステップ排卵検査薬クリア取扱店はこちら

ワンステップ排卵検査薬クリアの売れ筋を確認

本製品の魅力の一つは、価格の安さ。

「この位の金額なら、多めに使っても気にならないかな」と思える金額なので助かります。

セット内容は、20枚、50枚、100枚、そして、200枚とあり、それぞれ単価が異なります。ちなみに、セット数による人気順を確認したら以下の通りでした。

  • 1位:50枚セット
  • 2位:20枚セット
  • 3位:100枚セット+クリアブルー20枚セット

50枚セットが1番人気なのは、「とりあえず、50枚位もあれば十分でしょ!」という目安として最適なのかなと思います。

続いて20枚セットが2番人気なのは、お試し感覚での購入が多いのかなと思います。試して良かったら、次は、50枚セット、もしくは、100枚セット。

3番人気が100枚+クリアブルー20枚のセットの理由として、感度の違いをうまく利用して、二つの排卵検査薬を併用する事で正確に排卵日を特定しやすくなるからだそうです。

2種類を使い分けるというのは、なるほどなと思いました。

排卵日検査薬の値段はどの位?

コスパを考えて排卵日検査薬を選びたいなら、まあ、ワンステップ排卵検査薬を選んでおけば間違いないかなと思います。なぜなら、200枚セットだと1個あたり70円以下で買えるくらいの安さだからです。

日本で排卵日検査薬を買うのと比べたら、その価格差に驚くと思いますが、では、実際にどの位の金額の違いなのか、日本で売られている人気の排卵日検査薬と比べた場合の単価を割り出してみたいと思います。

商品名 セット枚数 価格 単価 1本あたりの価格差 送料
ワンステップ排卵検査薬 200本 13,800円 69円 0円(ここが基準) 無料
100本 7,900円 79円 10円 別途840円
50本 4,300円 86円 17円 別途840円
20本 1,960円 98円 29円 別途840円
ドゥーテストLHa排卵日予測検査薬 7本 2,700円(税抜き) 386円 317円 別途
12本 3,800円(税抜き) 317円 248円 別途
アラクス チェックワンLH・II 5本 2,200円(税抜き) 440円 371円 別途
10本 3,500円(税抜き) 350円 281円 別途
タケダ ハイテスターH 5本 2,580円(税抜き) 516円 447円 別途
10本 4,380円(税抜き) 438円 369円 別途

まず、この表の「1本あたりの価格差」という項目は、単価の一番安い排卵日検査薬を基準とした価格差を掲載しています。

この場合だと、ワンステップ排卵検査薬の200本セットが一番安いので基準となり、単純に単価の価格差を算出しています。

この表のように、ワンステップ排卵検査薬ならどのセット本数でも1本あたりの価格は、100円以下と安いのがわかりますが、日本で人気の排卵日検査薬だと、一番単価の安いドゥーテストLHaでさえ、ワンステップ200本セットと比べると1回あたり250円程度の価格差があるとわかります。

1度の使用で250円も違ってくるとなれば、結構バカにはできない金額ですね・・・。

しかも、日本製は、別で消費税と送料もかかってくるので、その分の金額も考慮しなくてはなりませんが、ワンステップ排卵検査薬では、送料がかかっても840円と海外通販とは思えない位安いですね。

感度の良さにはどんなメリットがある?

他の製品との違いは、感度と結果表示機能の工夫です。

ワンステップ排卵検査薬クリアは、20mIU/mLと高感度なのはもちろんですが結果表示が秀逸です。

”陽性=必ずラインが出る”というように、薄くてもテストラインが見えたら陽性となります。

今までの排卵検査薬で起こっていた「ラインが薄いから、陰性なのか陽性なのか微妙・・・」のような曖昧な表示が無くなったという事です。

更に、もう一つ特徴的なのがLHピーク後は陰性となる事。

LHの濃度がピークを迎えてから下がり始め続いて排卵を迎えるわけですが、排卵後は、まだLHの濃度が高い状態です。

この時のLHは検知しないように出来ているらしく、排卵後も陽性と認識される事が無いそうです。

排卵検査薬と妊娠検査薬は通販の扱いが違う?

「アレ?排卵検査薬ってネットで買えないんだっけ?」

必要だと思った時に、ネットで通販できるものだと思って通販サイトをいろいろ検索してみたら、なぜだか購入までたどり着けませんでした。

以前は、日本でネット通販で取り扱う事ができなかったそうです。

医療用医薬品という扱いだったからなんだとか・・・。

これは、市販(通販)しても良い医薬品とは異なる事が関係して、薬局やドラッグストアでも薬剤師さんが居ないと購入する事ができなかったそうです。

「排卵検査薬って取り扱いにそんな注意が必要?」

ほとんど同じような検査方法の妊娠検査薬は一般用医薬品として市販されていたり、ネット通販できるのに、排卵検査薬は出来ない・・・。

でも、そのルールもようやく改正されたようです。

排卵検査薬がネット通販可能となった?

2016年の9月、排卵検査薬の取り扱いが変わり一般用医薬品となったそうです。

そのまま、排卵検査薬とではなく、”一般用黄体形成ホルモンキット”という名称になっているそうですが、医療用医薬品(検査薬)から一般用医薬品の第一類医薬品に区分が変更されたそうです。

ちなみに、妊娠検査薬は第二類医薬品という扱い。

「じゃあ、第一と第二で何が違うの?」

第一類の薬などは、薬剤師さんが店舗を管理していたり販売する義務があるそうです。対する第二類は、登録販売者なら可能なので薬剤師さん以外でも取り扱って良いという事のようです。

いずれは、排卵検査薬が第二類になる可能性もあるみたいですが、当分の間は、薬剤師さんの勤務しているお店しか通販できない事がわかりました。

このように、排卵検査薬の扱いに関するルールが時々変わっているのですが、海外からの個人輸入なら今までと変わらず排卵検査薬が通販できます。

実際、海外では、ドラッグストアで普通に市販されているものなので。

海外からの個人輸入だと送料が高い?

ワンステップ排卵検査薬クリアを初めて購入する場合、今まで、海外からの個人輸入を利用した事が無ければ、送料は気になるところです。

実際に、送料は取り扱う店舗や商品によって変わる事もあります。

その点、ドクターズチョイスのワンステップ排卵検査薬クリアの送料は840円と安いので、日本で買うより下手したら安いじゃんと思ってしまいました。

海外からの送料で比較すると、eBayなどのオークションサイトを経由した場合は、送料が高いだけでなく2週間以上かかっても商品が届かないという事がよくあります。

また、日本国内で通販を利用しても北海道や沖縄は、追加送料だけでも1,000円以上かかる場合も多いので、海外からでも送料が千円以下なら助かりますね。

しかも、1万円以上のまとめ買いなら送料が無料。

という事で、ワンステップ排卵検査薬クリアの場合は、200枚以上のセット購入なら送料無料。

尚、200枚セット場合、1枚あたり70円以下とコスパが良いです。

>>ワンステップ排卵検査薬クリア取扱店はこちら