感度の良すぎて合わない事もある?

感度が良すぎると合わない事もあります

ワンステップ排卵検査薬クリアは、感度が20mIU/mLと好感度に設定されています。これは、より早いタイミングでLHサージを確認する場合に最適ですが、これが、メリットとならない場合もある事を気をつけなくてはなりません。

LHの検知が好感度になると、元々LHの濃度が高い体質の人では、LHサージが開始されていなくても陽性になってしまう事があります。

こんな場合には、クリアブルー イージーデジタル排卵検査薬の方が良いかもしれません。

感度の違いは以下の通りです。

  • ワンステップ排卵検査薬クリア(米国製):20mIU/mL
  • クリアブルー イージーデジタル排卵検査薬(米国製):40mIU/mL

検知するLH濃度が上がるという事は、LHのピークが近くなるのでギリギリじゃないと検知してくれないなんて事にもなりますが、この辺は、個人差があるのでどうしようもない部分と考えておくべきなんだと思います。

もしくは、ワンステップ排卵検査薬クリアより少しだけ感度が抑えられた海外製の排卵検査薬を使うという方法もあります。

  • DAVID(中国製):25mIU/mL
  • Luckytest(米国製):25mIU/mL

海外製は、基本的な感度が25mIU/mL位のものが多く日本製と比べて高感度に設定されています。同じく安さも魅力ですが、リピート購入なども踏まえると、正規代理店から直接購入できるワンステップ排卵検査薬クリアが安心かなと思ってしまいます。

尚、日本製の新ドゥーテストLHなら感度が30mIU/mLとなっているので、ちょうど良いかもしれませんが、その分、価格は高くなります。

何はともあれ、ワンステップ排卵検査薬クリアで問題なく検査できれば、それが一番ですが、もしも合わない場合には、感度で選ぶというのも大事なのかなと思いました。

>>ワンステップ排卵検査薬を購入する際の注意点について